勤労感謝の日

勤労感謝の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。1948年(昭和23年)に公布・施行された同法により制定された。
「農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風習があった。また、その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから、収穫物に感謝する大事な行事として飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まった新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)の日が第二次世界大戦後のGHQの占領政策によって天皇行事・国事行為から切り離される形で改められたものが「勤労感謝の日」である。
新嘗祭は1872年(明治4年)までは旧暦11月の2回目の卯の日に行われていた。1873年に太陽暦(グレゴリオ暦)が導入されたが、そのままでは新嘗祭が翌年1月になって都合が悪いということで、新暦11月の2回目の卯の日に行うこととした。それが1873年では11月23日だった。しかし、翌1874年からは11月23日に固定して行われるようになった。11月23日という日付自体に深い意味はなく、たまたま日本が太陽暦を導入した年(1873年)の11月の2回目の卯の日が11月23日だっただけのことである。」(ウィキペディアより)
という 勤労感謝の日に生まれたので 誕生日は祝日

学校の教師であった母の執念で 祝日に生まれたように思えてならない
というのも 米寿の母は職業婦人 休む事はもってのほか という人生を今も送っています(驚)

それはさておき その朝は 毎年 同じようにやってきます

b0220099_15101577.jpg


去年からは この山里で迎えています

b0220099_15104135.jpg


こうやって 晩秋の里山を見ながら 二人で食べる朝食

あの忙しかった頃が嘘のような こんな生活を スローライフと言うのかな〜



                                    したっけ
[PR]
by yasu-k1123 | 2014-11-27 18:18 | ブログ | Comments(4)
Commented by 風写 at 2014-11-27 20:34 x
あれ? 還暦で したっけ?

私の誕生日は、メーデー。
子供の頃は、勤労感謝の日と、同じような意味の日なのに、なんで休みじゃないんだと、思ってました。
高校の頃は、日教組の先生たちが、集会に出かけるのでほとんど休校。

不思議な日に生まれたもんです。
Commented by hajime2355 at 2014-11-28 08:49
☆YASUさんへ
なるほどなるほど、勤労感謝の日に生まれて(産んで)、「一生懸命仕事しなさい」と言う事で仕事人間になってしまったのですね・・・
スローライフ、素晴らしい!
何事も余裕(ゆとり)が大切、周りの事や人を想う心が芽生えてきますからね~
これからますます魅力ある生活が待っているような予感ですね。
Commented by yasu-k1123 at 2014-11-28 17:01
風写さん 来年ですよ!

日教組の響き 懐かしいです(笑) 
Commented by yasu-k1123 at 2014-11-28 17:03
☆さん 仕事人間というか 仕事をせざるをえない状況だったのかもしれません(汗

☆さんといっしょに スローライフ なんちゃって
<< 卵のスモークですよ! スモークチーズの巻 >>