普通の日々の中の秋色

b0220099_683415.jpg



b0220099_69459.jpg



b0220099_693336.jpg



b0220099_610314.jpg



b0220099_6104995.jpg



      ふっと見渡すと こんな風景が身の回りにあります

              気持ちがいい〜

                             したっけ 

      
      

      
[PR]
by yasu-k1123 | 2015-11-18 06:35 | HASEKURA HOUSE | Comments(9)
Commented by hajime2355 at 2015-11-18 06:47
☆YASUさんへ
FILMのような発色ですね・・・私のコンデジでは表現できない写真です。
やはりレンズの違いでしょうね~
見ていてホッとします。
心もこうありたいと思います(笑)
日に日に寒くなって来ています(-_-;)
身近にこのような風景が有るのは素晴らしいと思います・・・
またまた良い写真をありがとう!
Commented by yasu-k1123 at 2015-11-19 05:28
☆さん 
レンズの違いは 感じますね 重いレンズですけどね

自然の風景は 和ませてくれます
都会の風景もまた 創られた美しさがありますけどね

いずれ それを受け入れる つちかわれてきた心の問題でしょうかね〜

Commented by hajime2355 at 2015-11-19 07:46
☆YASUさんへ
写真は「己の心を写す」と著名なカメラマンが言っていました。
特に私には、ポートレート写真の難しさが解るような一言だと思っています。
あまたある風景の中から、その一片を切り取る「写す作業」もまたしかり。

まさにYASUさんの優しさが、写真に表れていると感じ入りました・・・
Commented by yasu-k1123 at 2015-11-19 21:31
☆さん 私が優しいなんて・・・

『己の心を写す』

私がたぶん親の背中を見て学んだ事は
相手の立場に立って 考えなさい ということだったと 思います

相手が 自然でも人間でも同じ 

私の勝手で 切り落とした枝も 踏みにじった草にも
自分の思いと違う意見を持つ人にも

私は 自分を省みて すべてが始まるような気がします

生意気言って すみません

                  私の周りのすべてに 感謝
Commented by hajime2355 at 2015-11-19 22:30
☆YASUさんへ
いえいえ、生意気でも何でもありません・・肝に銘じます。
しかし相手の立場に立つということはたやすいことではありませんね~わかっているけど・・・です(笑)

ポートレート写真を撮る時、その人の瞬間的な表情を一瞬のうちに切り取るのですが、真剣勝負的な所があります。
喜び・悲しみ・怒り・そこには予測さえできない一瞬の表情が撮る側の心をとらえます。
そこには訴える力があります・・躊躇していたら撮り損ねることもあります。
ピューリツア賞を獲ったチャーチル首相のポートレート写真は、写真嫌いの首相が怒った瞬間を捉えたといいます。

相手の立場に立つ・・難しいです。

ちょっとしたきっかけで相手を許すことが出来なくなったりする行為は、相手の立場に立つ寛容さが有りさえすればなくなることでしょう・・・私の生涯のテーマでもあります。

写真を撮る楽しさは、レンズを通して相手(被写体)を真摯に見つめるところかもしれませんね。
心から対峙できるYASUさんと友達でいられる喜びを実感しています。
感謝です。
Commented by yasu-k1123 at 2015-11-19 23:06
☆さん なんくるないさ〜

私は のほほ〜んと シャッターをきっているだけですよ

12年前の今日 大切な友が死んだ日でした その人は 私に多くの友人を残し 
それなのに 自分が自分でない姿を見せたくないと 最後を知らせず まったく 自分勝手にかっこ良く 人生を閉じました
そして 仕事してから大変お世話になった 友人の時間がなくなりかけています

きっと 人なんか自然のなかではちっぽけな存在なのかもしれませんが 
その周りの人には かけがえのない存在なはずです

それぞれの考えがあり 生き方がありますが この世で かけがえのない一人一人
その人たちと 少しでも関われたことに 感謝せざるをえません

でも なんくるないさ〜 と ・・・・


Commented by hajime2355 at 2015-11-20 07:43
☆YASUさんへ
「なんくるないさ~」沖縄の島言葉ですね・・・「なんとかなるさ~」と思っていましたが・・・
沖縄通の人によると「挫けずに正しい道を歩むべく努力すれば、いつか良い日が来る」という意味らしいんです。

私も数年前、かけがえのない親友を亡くしました・・・ぽっかり穴が開いたような気がしています。
お友達と「親友」の違いを思い知らされました。
意見の違いが有って時には口論し合っても、お互いの相手を信じる心にブレがなかったし許し合えた。
だから半世紀以上「友」であり得たと・・・時間がたってもその穴は埋めることが出来ないでいます。
Commented by 風写 at 2015-11-21 07:51 x
YASUさん
そろそろ棲家の完成ですか?
Commented by yasu-k1123 at 2015-11-24 16:05
風写さん 遅れています もしかすると年を越すかもです(汗
<< 瀬見温泉 2015/11/21 秋の松島 早朝散歩 >>