カテゴリ:ブログ( 77 )

b0220099_8592274.jpg



                     器 


         容れすぎると 溢れる それは それぞれに適量があるから
         乱暴に扱うと 壊れる それは それぞれに質による限界があるから
         使い方を間違うと 美しさが失われる それは それぞれのに特性があるから
            

             器を想い 大切にして生きて行きたい

                                       したっけ

               

              
[PR]
by yasu-k1123 | 2015-12-31 05:20 | ブログ | Comments(1)

もしかすると・・・


b0220099_404162.jpg


ソフトテニスのインカレが 山形であるというので
雰囲気を感じたくて 出かけてみました

b0220099_462979.jpg


テニスメーカーのテントが並びます

b0220099_4115745.jpg


個人戦ダブルスの決勝 手前の早稲田のペアが勝ちました
団体戦も早稲田が優勝していました

b0220099_4533132.jpg


高校3年の秋 監督から 早稲田大学のソフトテニス部への推薦入学の話があった 遠い昔の記憶がよみがえりました 中学校から6年ダブルスを組んでいたS君は 早稲田入りしましたが 私は断りました
あの時 もし推薦を受けていたら 私の後輩達ですね

b0220099_4542347.jpg

[PR]
by yasu-k1123 | 2015-08-10 05:06 | ブログ | Comments(0)

書 好きです!

ここは 岩手県民会館

b0220099_550937.jpg


和見設計者N氏のお嬢さんの書を拝見しに来ました

b0220099_5525783.jpg


こんな大作も多く展示されていました

b0220099_55823100.jpg




それでは すっかり素敵な大人になられたRちゃんの作品です

テーマは「空間と書〜生活空間から考える〜」

さすが 建築家の娘です!

b0220099_557555.jpg


b0220099_614311.jpg


b0220099_651751.jpg

これは私の背丈の1.5倍もある作品です

この他にもすばらしい作品が展示されてました


b0220099_665021.jpg


30年前 私の仕事場の設計からはじまったN氏とのお付き合い
その後結婚され 2男1女のお子様にも恵まれ・・・
長いお付き合いをしていただいています
まさに「縁」

こんな素敵な仲間を引き合わせてくれた夕彦さんに 感謝
[PR]
by yasu-k1123 | 2015-02-23 06:19 | ブログ | Comments(5)

晩秋ですね


b0220099_17465234.jpg




薪ストーブが活躍する時期になってきました

b0220099_168915.jpg



灰の除去 ストーブの掃除 薪の補充 焚き付けの小枝集め と 手間はかかるのですが
ほんわ〜り 優しい暖かさがあるんです


先週末の仙台市内 イチョウの葉もだいぶ 散ってました

b0220099_16101912.jpg



雨の午後 用事で通った 名取市東樽水あたり

b0220099_1613433.jpg


しっとりした 雨の晩秋風景でした
[PR]
by yasu-k1123 | 2014-11-29 06:06 | ブログ | Comments(2)

勤労感謝の日

勤労感謝の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。1948年(昭和23年)に公布・施行された同法により制定された。
「農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風習があった。また、その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから、収穫物に感謝する大事な行事として飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まった新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)の日が第二次世界大戦後のGHQの占領政策によって天皇行事・国事行為から切り離される形で改められたものが「勤労感謝の日」である。
新嘗祭は1872年(明治4年)までは旧暦11月の2回目の卯の日に行われていた。1873年に太陽暦(グレゴリオ暦)が導入されたが、そのままでは新嘗祭が翌年1月になって都合が悪いということで、新暦11月の2回目の卯の日に行うこととした。それが1873年では11月23日だった。しかし、翌1874年からは11月23日に固定して行われるようになった。11月23日という日付自体に深い意味はなく、たまたま日本が太陽暦を導入した年(1873年)の11月の2回目の卯の日が11月23日だっただけのことである。」(ウィキペディアより)
という 勤労感謝の日に生まれたので 誕生日は祝日

学校の教師であった母の執念で 祝日に生まれたように思えてならない
というのも 米寿の母は職業婦人 休む事はもってのほか という人生を今も送っています(驚)

それはさておき その朝は 毎年 同じようにやってきます

b0220099_15101577.jpg


去年からは この山里で迎えています

b0220099_15104135.jpg


こうやって 晩秋の里山を見ながら 二人で食べる朝食

あの忙しかった頃が嘘のような こんな生活を スローライフと言うのかな〜



                                    したっけ
[PR]
by yasu-k1123 | 2014-11-27 18:18 | ブログ | Comments(4)

秋の風景2014


気温も下がり 紅葉も始まってきましたね

b0220099_1812448.jpg


山桜が紅葉しはじめたHASEKURA HOUSEの朝


b0220099_1813196.jpg


落ち葉との戦いです(笑)


b0220099_1814725.jpg



稲刈り進んでいる 蔵王町扇田付近



b0220099_18152167.jpg



ブルーベリーが紅葉し 白樺もいい感じ 奥には屏風が見えてます 七日原



台風が通りすぎた今週は 紅葉もみごろでしょうか


                           したっけ
[PR]
by yasu-k1123 | 2014-10-14 18:21 | ブログ | Comments(2)

火の神の怒り



b0220099_1444398.jpg



原発事故の終息と原発再稼働への火の神様の怒りのように 燃え上がるオブジェ

反原発活動 そして 放射能測定を自らの工房で行っている 陶芸家 池田匡優氏のオブジェ

池田さんの思いのこもった作品です(風の沢ミュージアム 万葉祭にて)





制作途中にお邪魔して 少しお手伝いしました

b0220099_1452880.jpg


火入れして約3時間後

b0220099_14525680.jpg


火入れから約6時間後

b0220099_14523282.jpg


万葉祭 好天に恵まれて 盛会に繰り広げられました


来年は 泉田之也氏が担当と聞いています 楽しみです 


                                   したっけ
[PR]
by yasu-k1123 | 2014-09-25 18:05 | ブログ | Comments(3)

羽ばたけ


b0220099_15414254.jpg



                  大志を抱き 
              
                  希望を胸に

                

               青年の未来に 幸多かれと願う
[PR]
by yasu-k1123 | 2014-08-28 18:37 | ブログ | Comments(0)

書中〜お見舞い申し上げます〜♪


いや〜 暑い日が 続いておりますね


b0220099_1232557.jpg

                    野田の海


b0220099_1234492.jpg

                    網張から望む雫石


b0220099_1235195.jpg

                    岩手山とひまわり



                皆様 ご自愛の上 お過ごし下さい
[PR]
by yasu-k1123 | 2014-08-05 14:30 | ブログ | Comments(0)

米寿のお祝い

先日 母の米寿のお祝いをしました
母は 毎日自転車にのり ボランティアや福祉の仕事を楽しそうにしています

さて米寿のお祝い どこでどんな風にしようかと思って考えてみると
今まで旅館に行っても 何回も温泉を楽しむでもなく 朝は着替えると手持ち無沙汰のようで・・・

結局 母が以前から行ってみたいと言っていた 斉藤寛記念館(水沢)に行き 夜は孫と食事をするという日程にしました

先ずは 宮床の『母里』さんで 昼食

b0220099_1733404.jpg


そして 水沢にある斉藤寛記念館へ

b0220099_17364527.jpg


2.26事件で暗殺された 斉藤寛内務大臣の記念館です
その当時 須賀川に住んでいた母は 東京から水沢まで行く遺体を運ぶ葬儀の列車に手を合わせた事を憶えているとの事でした
その後 仙台の三島学園に進んだ母は 斉藤寛氏が 三島学園創立に貢献していた事をしり 記念館を訪れたいと思っていたようです

b0220099_8283165.jpg


ゆっくりと見学して 孫達が集まる支倉へ向いました

11年前は 日常だった7人の食事 


b0220099_843158.jpg

父が存命だったら孫と酒を酌み交わせましたね

父さん 確かにあなたの孫です 皆な 酒を嗜み 音楽好きです

料理は 毎日7人分の食事を作っていた家人が 懐かしい我が家の定番料理を準備してくれました

実家を離れて11年の孫達は 福島はおばあちゃんの家と言う感じで 仙台が実家になってきているようです

正月ぶりに 孫の顔をみる母の目が嬉しそうでした

b0220099_844259.jpg


そして また今日も 自転車に乗って走る母 元気でいて下さい
[PR]
by yasu-k1123 | 2014-05-30 20:54 | ブログ | Comments(2)