開通

常番自動車道 一部開通
b0220099_4574495.jpg

4月8日 南相馬と相馬間約20km 開通します が 相馬バイパスや6号線からのアクセスが悪く 仙台と南相馬を行き来する場合 相馬バイパスが終わり市内から来る6号線との交差点から 鹿島区まで渋滞でもしていなければ 今まで通りの方が早いかもしれません

しかし 私が狙っているのは 山元ICから アップルロードを走り 鹿狼山の麓を抜け 相馬西工業団地経由の道 信号は4カ所しかありません(ホッキ天ツーリングで走った道)です たぶん ここを走るのはローカルだけなので 開通当初は このルートでしょね  

ところで 関西電力大飯原発再稼働 3.11と同じ規模の災害があっても安全とのこと あとは政治判断とか また30km圏内の地域がある滋賀県には何も説明がなされていないようです 
この震災から政府や電力会社、経済界は何を学んだのでしょうか 
いまだ福島原発は 今度大きな地震がくれば4号機がもっとも危いということは地元では周知のことです まして風向きで広範囲に広がった放射能汚染の問題をどう解決するかの政策もごてごて 

復興・補償の問題 これも大切ですが 原発再稼働に対する本音を事故と向き合っている地元から発信してほしいと思います 

政治家や企業の経営者も 家族を持つ 普通の日本人の一人なはずです 自分の家族が子孫が危険にさらされる事を考えているのでしょうか (実際 政府のE氏の家族は震災直後いち早く 国外脱出したそうですがね〜)

とにかく 原発事故は 収束していないのです 廃炉に向けて その作業をする人材を育成し 機械を作っているという段階なのです やっと初期の応急処置ができたのかな〜という状態なのです

そして 一番忘れては行けない事は 原発事故によって 地域住民の心が いろいろな意味で病んでいることです

開通から話がそれましたが 山元ICと相馬ICが繋がるのは平成26年の予定です


   平成23年5月22日 南相馬市 仕事場前の放射線測定値
           地上1m    0.92μSu/h
           地上1cm     1.55μSu/h 
   平成24年2月22日 南相馬市 仕事場前の放射線測定値
           地上1m    0.65μSu/h
           地上1cm     1.08μSu/h
   平成24年3月22日 南相馬市 仕事場前の放射線測定値
           地上1m    0.61μSu/h
           地上1cm     0.99μSu/h
 
b0220099_5535016.jpg
 
     仕事場中庭 クリスマスローズの新しい芽です
何があっても 自然は凛として 受け入れているように感じます 

        今日は 富士山を見に行きます 





  
[PR]
by yasu-k1123 | 2012-03-24 06:14 | 相馬地方
<< 出発 卒業 >>